30代主婦のメダカをはじめとする趣味日記

きょうはお庭でなにしよう

スマホの方は上部のMENUから移動できます

春ですよ!

蓋オープン!

お隣さんの塗装がまだ開始されない……


ずっとまってるんですが
水がとろみを帯びて泡立っているのもあり
餌もあげてないけど水換えもしてない


我慢の限界っ

パンパカパーン


ピカピカになりました
でもこちらは落ちた個体の多かった
緊急性の高かった容器です

真似しないでねっ☺️



やはり冬の間の餌不足で
痩せの目立つメダカが多数

蓋も昨年は毎日開け閉めしましたが
今年はできなかったため、水面に風も当たらず
水が思った以上に痛んでいました

水換えまではできなくとも
風にあててやるのは大切だなと実感


そして水換えもしてないので
急に暖かい(日中10度を越える)日が続くと
綿かむりも発生!→隔離で塩浴始めました


餌、水換えは大切だなあと再確認した
完全放置、蓋閉めっぱなしの冬眠でした


さてさて、チューリップの球根からも芽が出て
バラや藤にも新芽が顔をだしました


日陰の我が家は、まだ5センチを余裕で越える
氷が張った容器がいくつかありますが
そろそろ睡蓮の植え替えも始めなければなりません


私はメダカは3分の1ほど水を変え
2~3日おきに水換えをしていき
慣れてきたらリセット(全水換え)をします

容器を洗いたいんだああああ
苔まみれ我慢できないいいい


水を変えたタイミングで餌やりもします

10度を目安に餌やりするかをきめています
与える量もほ~んの少し

あまり長い間水換えしてない水に
雨が入り込むのは水質が代わり大量死するので要注意


水換えが終わったものから蓋をはずして
開けっ放しに切り替えました


雨や雪予報が出れば蓋をしますが…
もう暖かくなるそうなので
開けっ放しにするつもりです

室内加温は順調のようですよ



今年も楽しみですね!

理想を求めて

以前すこしだけお披露目したことがあります
さいさんと桔梗のコラボメダカ


異品種交配 松井ヒレ長黄幹之
20170822-凸凹さい桔梗異品種黄まぐれ松井ヒレ長×黄色幹之

20170822-凸凹さい桔梗異品種黄まぐれ松井ヒレ長×黄色幹之

20170822-凸凹さい桔梗異品種黄まぐれ松井ヒレ長×黄色幹之

20170822-凸凹さい桔梗異品種黄まぐれ松井ヒレ長×黄色幹之

20170822-凸凹さい桔梗異品種黄まぐれ松井ヒレ長×黄色幹之



松井ヒレ長・桔梗彩SP?

凸凹桔梗の黄まぐれ?←ぉぃ

最強(彩梗)のまぐれ?←ちょw



なんてふざけて呼んでいますがハウスネームはありません
うちの異品種交配これしかないので「異品種交配したやつ」といえばこいつ(笑)
昨年春には始めていたのでもう1年かぁ…
ハウスではないので1世代ずつしか進められませんがなんとか繋いでいます


私達は追い求めている表現が出るたび飛び跳ねるほど喜んでいますが…
皆さんの目にはどう映るのでしょうか(* ´ ▽ ` *)


選別も違えば品種も変わってくる??


同じ親から生まれた個体ですが私はこちらを追いかけております
20180210-凸凹さい桔梗異品種黄まぐれ松井ヒレ長×黄色幹之
写真は2017年10月に撮影したもの

なので今はもっとヒレがひらんひらんと優雅になっています
20180210-凸凹さい桔梗異品種黄まぐれ松井ヒレ長×黄色幹之
さいさん所の子は黒タイプ
私の所の子は白タイプ

何百匹と採って育てているのですが見つけるのは大変でした
我が家はオスメス一匹ずつ…運が良かった
ペアにしているメスは少し背中に幹之光が載っているのですが
これからどう換えて行こうかなぁ~?


1月半ばに、氷の下から回収して室内常温に慣らした後
20151010-加温部
過去写真からですが、このような感じで照明をあて
湯煎式にして加温しています


ブランドメダカに飽きたわけではありませんが
こんなメダカが欲しいなぁ~っていう所から
理想を求めてやってみましたがまぁ大変です

固定できるまで頑張るつもりでいますが、ものすごく時間がかかりそうだねぇ(笑)


太陽の高さがだんだん高くなり、そろそろ春に向けて
水換えでも始めなきゃなと思っていますが
壁の塗装工事があるそうで蓋はまだまだ開けられません

全滅しないようがんばります(笑)

身に染みますな


ぱきーん!!!!

がっつり凍りました

こちらの容器はこんなに薄く浅いプランター8L

下にある数センチしかないバケツの水でも
メダカは生きています←鬼

しかもこんな稚魚………みえる?
超元気なんだよー


2016年の1月は氷に大慌てし
ベテランさんに笑われた過去も……


2016年の慌て具合はこちら


こんな私は検証に検証を重ね
びくりともしないほど大きく育ちました
痩せるのがなんとも大変です


氷は湯をかけたり割ったりしない方がいいそうです

外から凍るので箱形に固まりますが
中に水があれば生き残る場合もあります

そして氷の中にたまった水でも4度とかあった(笑)


メダカ自体がカチカチにならなきゃ大丈夫←究極


今年は初の完全放置飼育中
蓋も閉めっぱなし、水換えも餌やりも
10月頭からあまりしていませんでした

成魚は落ちている子もいますが
稚魚は落ちていないようです……強いなあ

冬の間はいいんですがこの稚魚たち
春の水質悪化には弱いです

岡山南ではなかなか見られないほど冷え込んで
私が乗っているのは花に水をやるために
メダカの換え水をコストコボックス(100L)に貯めたもの


割れて濡れたら笑い話ね!


と、乗る辺り私は勇者(←ただの馬鹿)

すこし暖かかった日にたまたま時間があったので
落ちた匹数が多かった容器のみリセットしました

手が………つか全身が凍るかと思た……



水は1日汲み置きしましたが今のところ無問題
ついついピカピカにあらってしまうんですが
あまり綺麗に洗わないほうが
バクテリアは定着しやすいです

めだかまとめカテゴリー

今まで越冬や餌のやりかたについて
独断と偏見でまとめ記事を書いてますので
お暇な方はよければどうぞ😃



去年までは真冬でも餌をあげ
頻繁に水を換えていましたが
やはり落ちた個体を見る限りガリガリで
冬場の栄養不足と
寒さへ適応できなかったが原因と思われますね

寒さに弱いと言われるアルビノも外で
氷の下に居ましたが、プリプリで落ちた子は無し
越冬中より【越冬準備が大事】てことやね


週明けにもう一度氷点下予報な岡山南ですが
そろそろ容器や棚を修正しつつ
春に向けて動き出さねばなりません

10度を越える日が続きはじめたら
数日で水が腐り大量死に繋がるので
さらに重くなった尻を叩いて上げなければ


加温組は一部開始しました
まだSSサイズなので大きくすることが目的ですが
日に日に大きくなります



隔離ネットのヤフオク販売も近いうちに復活します

おさかなわけてネット@生け簀
沈黙してますがまだまだ作ってますよ
(送料が上がったから売りにくい買いにくい…)

笑喜さんではまだ在庫があると思われますが
気になるかたは、私か凸凹さいさんまで
お問い合わせください(笑)