30代主婦のメダカをはじめとする趣味日記

きょうはお庭でなにしよう

ARTICLE PAGE

越冬準備と対策まとめ

もうだんだんと春を感じ始める2月、節分。

早朝でも氷点下になることは少なくなりました。
水温は7度程度をキープしています。

暖冬とはいえ油断はできませんが、
初越冬となったこの冬、まとめを残しておこうと思います。

当方岡山県南部、冬の間陽が一切当らない山影です。
自分へのメモ が どなたかの参考になれば…いいかな。

いつものことですが超~長いまとめ記事になります。
ちょっとトイレにいってきたらイインダヨ←ぉぃ


2015年10月12日 【冬支度、着々と】
かなり早めの越冬準備で発泡容器の小窓を作りました。
(我が家は小さな子供がいるので)

同市にお住まいのhanaジ~ジさん宅で教わった越冬法で
寒い日蓋を閉めっぱなしにしていても
光だけはとれるようになっています。

参考までに最高3日閉めっぱなしでした…
が、実施なさる場合は自己責任でお願いします(笑)
20160119-庭氷雪005
発泡容器、越冬中

この時、柿の葉落ち葉も拾ってきて1カ月塩漬けにしました。
黄色くても塩漬けすると茶色になります。
1ヶ月後、塩水を捨て軽く水洗いして各容器に投入。

同じころ、網にプチプチを巻きつけた簡易蓋も用意。
20151123-メダカ容器
ここで一つ勉強したこと。

プチプチ蓋は1回巻きで越冬したのですが氷点下を記録した頃
発泡容器でもがっつり凍ってしまいました。
たまたま2個乗せしていた容器は凍らなかったので
次の越冬ではプチプチ蓋は2重巻きにします。

この冬に役に立ったのはホームセンターで売っているプラベニヤ
20151106-越冬棚プラベニヤ001
900mm×1800mmで300円いかないお値段。
加工もカッターナイフであっさり切れるしとっても簡単。

ベジプラの風よけ / 雨水が入らないよう蓋代わり
地面からの霜対策に敷く・・・などかなりの働きをしました。

プラ板と板の間に空気の層があるので、
プラベニヤで囲った中はとても暖かく感じましたよ。
半透明で光も差し込みますし、次の越冬では乱用したいと思う品です。

2015年12月20日、我が家で初氷を観測 11度/0度

2016年1月25日【無駄なあがき?でも緊急対策!】
20160116-氷001
日本列島が大寒波に見舞われました。沖縄でも雪が降る寒さ…

20160125-冬庭氷006
前日は1センチくらいだった厚みの氷が、重ね氷となり

3センチを超える厚みにまでなりました。
20160125-冬庭氷005
この時のベジプラは箱型に凍り
氷の器の中でメダカが泳ぐという異常事態に。

海の近くで西日本だから大丈夫、なんて考えてはいけませんね。
【重ね氷】は笑えません。いつしか氷漬けになります。
20160125-冬庭氷003
これ以上重ねて凍らないよう、大慌てで段ボールやプラベニヤで囲い
次の日も朝はマイナス温度でしたが、お陰で氷は少し解けていました。

キモチ何とかなるかと足りないところにすだれをかけたら
実はすだれにも効果があると判明。
段ボールほどではありませんが、緊急事態にはどうぞ。
20160125-冬庭氷002
この時勉強したことは…

ベジプラは風を遮る場所に置くこと
出来るなら2重容器や段ボール等で冷気を遮る
底土と蓋があるだけで凍らない容器もある
プチプチ蓋2重巻きは発泡蓋並みの威力
なるべく水量の多い容器で
ということです。

それから記事にはしていなかったのですが、
発泡容器でも油断はできません。発泡容器は偉大ですが
厚みの薄い発泡容器は凍りました。

某アクアショップ黒発泡容器は凍り、
(タテ34㎝×ヨコ44㎝×高さ22㎝ 厚み2cm
某メダカ屋さん黒発泡容器は異常なし。
(タテ30㎝×ヨコ40㎝×高さ27㎝ 厚み3cm

スーパーでもらってきたシイタケ容器(厚み1cm)はガッチガチ。
発泡容器でも厚みが大切なことがわかりました。


陽の当らない庭だけに、冷え込みが続くと水温が下がり続け
温度が上がる間もなくまた冷え込むので
発泡容器ですら凍ってしまうのだと思われます。


水温ですが、朝氷点下だった日でもお昼には1~4度くらいになりました。
20160124-冬庭温度002
朝水温を測ると、氷が張っていてもそうでなくても

ベジプラも発泡容器も水温はすべて同じ

ただ、冷え込んだ時
水温の変化速度は水量や容器の保温性により
急激だったり緩やかだったりしますので
そのあたりがメダカに影響を与えて行くのではないでしょうか

その時の注意点【張った氷は無理に割らないこと】

淡水なので氷がいくら浮いていても
0度以下にはならないと思います

かと言って暖かくしてやらねばと
水や湯を足すのは駄目です

急に水温が暖かくなるとメダカが対応しきれません
自然界では湯や水が入ってくることはありませんからね

陽が昇り気温とともに、少しずつ溶かすのが良いそうです


人間にとっての1度は魚にとって
体感的に5度も10度も違うことをわかってください

人間の都合で行動するのではなく
魚の都合を見てやるのが飼い主のつとめ

今あわてて水温を変えるのではなく
段ボールや発泡などで凍らないようにしてやることや
風が吹き込まないよう蓋をしてやることだけでも
かなり環境は改善されると思います


人間がいいと思っていることが、けして
他の生き物にとって良いこととは限りません

色々実験していますが
魚にとっての良い環境作りになればいいなぁ


20151014-水草01
2015年10月14日 【ホテイアオイの冬越しは?】

初越冬ならではの実験をしました。
夏爆殖するホテイアオイですが冬は枯れてまた次の夏、
どうやったら越冬できるのか調べて、素人なりにやってみました。


・枯れても入れっぱなしのビオ(日当たりあり&なし)
当たり前ですが駄目です(笑)枯れています。
・朝晩蓋つき発泡スチロール(生体あり)
割と元気でまだ緑です。水が凍っていた容器も緑部は残っています。
寒く風の強い日は空けていません。
・鉢入れで、蛍光灯下に置くもの(生体なし)
・鉢なしで、蛍光灯下に置くもの(生体あり)
蛍光灯では光が足りなかったようで全滅です。

他には簡易ビニールハウスに入っていた
水をためた容器にスーパーの袋を掛けたもの
のり容器など蓋が付いていて水のたまる容器は大丈夫。

(布団圧縮袋に穴があいて使えなくなったものでハウスを作りました)

発泡容器/ベジプラ容器問わず、
風や霜を遮る蓋や袋があれば野外でも大丈夫そうですね。

鉢植えもしましたが、それはどうやら失敗したみたい。
暖かくなるまでもう少しあるので引き続き様子を見ます。


水の冷たさより、冷気が当たることで枯れるんですね。
風がない日のみ蓋を開けていましたが、枯れていません。
根っこがふわふわで沢山あるものほど緑色でした。
20151026-室内稚魚002
夏に処分してしまう前に、フワッフワに根が広がったホテイアオイは
越冬中にもよく隠れていたようですし
越冬用にいくつかのこしてみようと思います。
20151213-水中撮影006
見た目もあったかそうですよね(笑)


越冬中 めだか
2016-01-06-倉敷錦と雪乃ひかり005
厳しい寒さがくる冬までにできることもありますね。

夏の間、しっかり餌を食べて太ってもらうことや
稚魚は大きくしておくことも大切だと思います。
2016-01-06-倉敷錦と雪乃ひかり003
2016年夏、初採卵を迎えるわけですが
7月~8月には採卵を辞めるつもりでいます。

針子や卵を見るとついつい採ってしまいますが(笑)
計画的に冬を迎えて乗り切りたいと思います。





ざっと思い出したまとめを書いてみました。
また大事なことを思い出したら追記したいと思います。

大変長いまとめにお付き合いくださり、ありがとうございました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

takaya  

No title

やったー一番ゲットだぜ\(^^)/
こんにちはー!
今日は出張移動中で昼間のコメントです(^-^)v
昨日は桔梗さんニアミスの広島でした(^_^;)))
今日はおばちゃんニアミスの茨城です(^_^;)

来年の課題が沢山わかって凄い勉強になりますm(__)m
大阪はそれほどでもないんですが昨日は広島で沢山雪が残ってました!寒かったです!
やはり大阪とは全然違って対策大事ですね(^-^ゞ
スチロールは薄さで保温性が有りましたが耐候性も違うように思うんですが???気のせいですかね!?

2016/02/03 (Wed) 13:24 | EDIT | REPLY |   

hanaジ~ジ  

No title

  こんにちわ~・・・!!

初の越冬・・・イッパイ勉強しましたネ~!! (拍手~!!)
「備えあれば・・イザ急変でも バタバタあわてない!」で済みますよネ。
皆~んな 初めての時は 同じ道を通ったはずです。

冬越しのポインは ほぼ押さえていると思います。
 ・容器によって 防寒対策がちがってきますよネ~。
  (多分、皆んな 冬越し用水槽は 決まってくるんでしょうネッ)
 ・ホテイ草のテストも 実証できましたネ~。
  (我が家も今春も ホテイ草 買わなくて良さそうです)
   →秋口、根の広がったものを残す→これ頂きで~ス!

ホントの"春"まで、もう一息~~油断せずに~・・・

    では、又・・・

2016/02/03 (Wed) 18:36 | EDIT | REPLY |   

bigman  

No title

長文お疲れさまでした。
こちらは未だに毎日氷点下です(>_<)
まだまだ雪予報もあり当分油断はできませんね・・・

いろいろ試行錯誤しながら経験値を上げてますね!
素晴らしい(^^b
手抜きしか考えてないうちには真似できませんわぁ(^^;

ホテイ草も冬場にもう少し強いと良いんですけどね!?
夏はいらんくらい増えるのに(笑)

2016/02/04 (Thu) 10:24 | EDIT | REPLY |   

桔梗 唯  

takayaさんへ

コメントありがとうございます!!

耐候性もちがうでしょうね
他のブロガーさん宅では雪の重みでスチ箱壊れてましたよ…
我が家も凍ったから?穴があきました。

使用年数や厚みにもよると思いますが…
発泡容器やベジプラも適度に交換が必要ですね

2016/02/04 (Thu) 15:22 | EDIT | REPLY |   

桔梗 唯  

hanaジ~ジさんへ

コメントありがとうございます!

沢山勉強しましたねー
知ってるか知らないかで大きく変わるので
色々教わった越冬となりました。

去年までいかに興味なく【冬】を過ごしてきたかがわかりましたよ。
娘が風邪ひかないよう外出を控えてたことが多かったので
今年子供たちも自然に触れ、勉強できてよかったです。

今週は氷点下の予報になってますね!
春の構想を楽しみに、準備して行きましょう♪

2016/02/04 (Thu) 15:25 | EDIT | REPLY |   

桔梗 唯  

bigmanさんへ

コメントありがとうございます!

毎回毎回長く読みづらい日記ですみません(^^;)
そちらの過去日記拝読しましたが雪がすごい日があったんですね
雪かき下とはいえカマクラができるとは(笑)

夏にこの雪や寒さを残したいなぁとふと思いました。
そして冬にはホテイ草を(笑)

2016/02/04 (Thu) 15:27 | EDIT | REPLY |   

sora  

No title

こんばんは

凄いですね~\(◎o◎)/!

凄くわかりやすくて、読みやすかったですよ(*^_^*)

メダカの飼育本出せますよ~

2016/02/04 (Thu) 23:05 | EDIT | REPLY |   

桔梗 唯  

soraさんへ

コメントありがとうございます。

はははっ、ただ長いだけですよ(笑)
お付き合いいただきありがとうございます~

ここまで書いたら来年はあわてなくて済みそうです
ブログって便利ー

2016/02/05 (Fri) 12:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment